Top >  未婚者の不倫

未婚者の不倫

不倫といえば既婚者が行うものというイメージがありますが、実際には未婚者も不倫を行います。つまり、既婚者を相手に肉体関係を結んだ場合です。

とくに既婚者の男性と未婚者の女性による不倫関係が多いわけですが、この場合、未婚者の方は不倫の事実が判明しても既婚者に比べて支払う代償が少ないというイメージもあるようです。では、未婚者の不倫にはどのようなリスクが考えられるのでしょうか。

もっとも大きな代償となるのが不倫相手の配偶者からの損害賠償請求です。不倫をされた側は不倫相手に対しても慰謝料や損害賠償を請求することができるのです。この場合、不倫を行っていた時のお互いの関係が重要なポイントとなってきます。たとえば既婚者の方が結婚していることを偽って関係を迫ってきた場合も考えられるからです。その場合でも損害賠償が請求されることがありますが、総じて慰謝料は低くなるため経費などを考えて裁判に持ち込まれるケースはほとんどないようです。

それから社会的な制裁も忘れてはいけないでしょう。とくに未婚の女性が不倫を行った場合、既婚者の側以上に周囲の偏見に晒されてしまうことになります。不倫相手が離婚などをした場合は「家庭を壊した女」などといった陰口を叩かれてしまうことも。職場をやめなければならなかったり、引越しなどを強いられてしまうこともあります。

既婚者と未婚者の不倫は実際のところ発覚した場合には未婚者の方が大きな代償を払わなければならないことも多いようです。それだけにロマンティックなイメージにつられて不用意に手を出すようなことはしないようにしたいものです。

エントリー

関連エントリー

不倫について 法律上の定義 代償は怖い 不倫と同性愛 復縁について 離婚へ一直線? 不倫と証拠 未婚者の不倫 終わらせる方法 シチュエーション