Top >  離婚へ一直線?

離婚へ一直線?

不倫は離婚の決定的な理由となりうるものです。不倫が発覚し、配偶者に見切りをつけようと思った場合には不倫の事実を前面に押し出して離婚の協議を進める必要が出てきます。

夫が不倫をした場合、世間体などが気になって離婚を拒否してくる場合もあります。また軽い感覚で不倫をしたため罪の意識が低いことも。そんな場合には不倫の証拠を提示することで離婚協議・訴訟を有利に運ぶことができます。

また、離婚協議が自分に不利な形で進められていることを自覚した場合、相手は不倫の事実を否定してくる場合もあります。そんな場合にははっきりとした証拠が必要となります。不倫の直接の証拠はもちろん、不倫の事実を認めた時の音声を録音しておくなどさまざまな証拠固めも重要になってきます。

離婚は重大な決断です。とくに女性の側から見れば生活環境が大きく変化してしまうことも多くなります。そのためにも慰謝料や財産分与、あるいは親権、養育費の問題などを有利に運ぶことが不可欠となります。とくに慰謝料は婚姻関係の継続が不可能となった理由によって金額が大きく変わってきます。不倫はそのもっとも強力な理由になるだけに、しっかりと準備をしたうえで離婚協議に臨む必要が出てくるのです。

できれば離婚は避けたいものですが、どうしても婚姻の継続が不可能になった場合には裏切られた側は少しでも有利な形で話を進めていきたいもの。それだけに第三者に対してはっきりと提示できる不倫の事実、証拠を用意できるかがもっとも重要なポイントとなってくるのです。

エントリー

関連エントリー

不倫について 法律上の定義 代償は怖い 不倫と同性愛 復縁について 離婚へ一直線? 不倫と証拠 未婚者の不倫 終わらせる方法 シチュエーション