Top >  復縁について

復縁について

配偶者の不倫が発覚した場合、不倫をした側から離婚を迫ってくる場合があります。この場合、不倫をされた側は結婚関係の継続を願っているにも関わらず強引に迫り、離婚調停や離婚訴訟にまでもつれ込むこともあるのです。

不倫をされた側が離婚を迫られて困るというのは話が逆にように思えますが、不倫をしたのが夫の場合に考えられるケースです。夫の側からしてみれば離婚を機に不倫相手と再婚しようという選択肢も考えられます。しかし妻からみれば一方的に裏切られ、しかも離婚されたのでは損をする一方。世間では男性のバツイチに対して女性のバツイチに対していまだ偏見が残っているもの。それだけでも大きなマイナスとなりますが、専業主婦の場合は生活の糧を一方的に失ってしまう、あるいは年金などの問題も出てきます。

そんな場合には不倫の事実を理由に離婚を拒否することも可能となっています。離婚の理由が要求する側の一方的なものである場合、離婚請求の棄却などを勝ち取ることができます。不倫の証拠集めというと離婚訴訟に有利に運ぶために行うものというイメージもありますが、逆に婚姻関係の継続や復縁を目的とするために行うこともあるのです。

もちろん、離婚請求が棄却されたからといってすぐに復縁できるものでもありませんし、これまでどおりの結婚生活を送れるというものでもないでしょう。最終的な離婚は避けられないと見越したうえで少しでも有利な形で話を進めるために相手の離婚請求を拒否するという方法も考えられます。どちらにしろ、裏切られた側が一方的に損をするような状況にならないための対策が求められるのです。

エントリー

関連エントリー

不倫について 法律上の定義 代償は怖い 不倫と同性愛 復縁について 離婚へ一直線? 不倫と証拠 未婚者の不倫 終わらせる方法 シチュエーション