Top >  不倫と同性愛

不倫と同性愛

不倫をめぐる環境で複雑な問題となるのが同性愛での関係です。配偶者が同性愛者で、結婚生活だけでは性の欲求を満たすことができず、同姓のパートナーを見つけるというケースも考えられるのです。この関係は果たして不倫といえるのかどうかという大きな問題があります。

法律上の定義では不倫は夫婦がお互い以外の「異性」と性的な関係を持つ不貞行為となっています。そのため、同姓が相手の性的な関係については不倫と認めるべきなのかどうか、意見が割れることも多いのです。同性愛結婚というものが現段階では認められておらず、また同性愛そのものが世間の偏見に晒されることが多いことから、表面上は正常な結婚生活を装い、その上で同性愛のパートナーを探すというケースもあります。

ですから、同性愛を巡る不倫に関しては配偶者がそれを認めているかどうかが最大のポイントとなっています。結婚前に配偶者が同性愛者、あるいはバイセクシャルであることを知っており、そのことを納得した上で結婚した場合であれば不倫とみなされない場合が多いようです。ただし、同性愛のパートナーを持つことまで配偶者が認めるかどうかという問題が残ります。

大きなトラブルとなりうるのは同性愛であることを隠したまま結婚し、同性愛のパートナーが発覚した場合です。この場合は法律上の定義には当てはまらないものの、不貞行為と認定されて離婚の原因となる場合もあります。

このように、同性愛が絡む不倫関係は当事者同士の状況が大きくものを言うため、あまり一般化して語ることができない面が多いのです。

エントリー

関連エントリー

不倫について 法律上の定義 代償は怖い 不倫と同性愛 復縁について 離婚へ一直線? 不倫と証拠 未婚者の不倫 終わらせる方法 シチュエーション